アーキテクツサロン


第104回重村力氏(神奈川大学工学部建築科教授/神戸大学名誉教授)、内田文雄氏、吉村雅夫氏、西山英夫氏、久保勇人氏、西田潔史氏、長尾健氏

タイトル 場所の創造と同時代地域主義へ -発見的方法、地域主義、同時代感覚、場所の喪失と回復をめぐって-
日時 2012年7月21日(土)18:00~20:00
会場 海外移住と文化の交流センター 5階ホール(〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通3丁目19番8号)
【第1部】
講演会/重村 力氏
【第2部】
トークセッション/重村 力氏、内田文雄氏、吉村雅夫氏、西山英夫氏、久保勇人氏、西田潔史氏、長尾健氏

<会費>JIA会員一般1,000円 学生500円 定員100名(お申し込み先着順)
<主催>社団法人日本建築家協会近畿支部兵庫地域会 兵庫県建築設計監理協会
<協賛>日本オーチス・エレベータ株式会社、三ツ星ベルト株式会社、株式会社総合資格

第104回アーキテクツサロン「建築家の系譜シリーズ」の第6弾として、神奈川大学工学部教授の重村力氏をお招きして、「場所の創造と同時代地域主義へ」というテーマで講演いただきました。
第一部では自身の都市や建築に対する思いを語っていただき、第二部では龍環境計画・山口大学大学院教授の内田文雄氏やいるか設計集団代表取締役の吉村雅夫氏ら象設計集団・いるか設計集団のOB建築家を交えてのトークセッションを行いました。

重村氏は「コモンズとしての建築」を提唱しておられ、戦後、日本の建築は資本主義と結びつき、独自性や地域性を失ってきたことを指摘し、場所というものは過去の出来事を多くの人が共有しており、その場所を味方につけることで創られる建築が豊かになると提言されています。そして、空間というものは切れ目なく連続していて、いろんな役割が重なり合うもので、その重なり合いによって生まれる多義性は都市のスケールにおいても、建築のスケールにおいても適用されてきたことを,歴史的な広場や古い民家の例などをあげて実証され、現代の建築にも単純に機能を満たすだけではなく、さらに重なりあいを許容する鷹揚さを兼ね備えていなければいけないとも指摘されています。

なぜ、重村氏がそのような見地で建築や都市を語られるのかは、第二部のトークセッションでOBの方々との会話で少しずつ明らかにされていったように思います。
それはフィールドワークによる調査を行い、資料だけでは分からない生の声を吸い上げることで、建築や都市をかたちづくる背景をあぶり出すことを徹底されており、そして、そこから地域や場所の特性を的確に導き出し、それを建築に昇華させるという手法で多くの建築を設計されているように感じられました。
セッションに参加された方々もその影響を受けてそれぞれ少しずつ方向性が異なるものの,根底に流れている重村イズムというものが徹底されていることを感じることができた充実した講演会となりました。

104回アーキテクトサロン「場所の創造と同時代地域主義へ -発見的方法、地域主義、同時代感覚、場所の喪失と回復をめぐって-」

当日の様子-PHOTO GALLERY-



アーキテクツサロン:バックナンバー
2017年10月20日 (金) 第112回:城本 章広 × 谷岡 拓
2016年8月5日 (金) 第111回:木村 博昭×陶器 浩一
2016年01月22日 (金) 第110回:木下昌大x西澤明洋
2015年11月3日 (火・祝) 第109回:石山友美× 芦澤竜一× 平田晃久× 倉方俊輔
2014年11月6日 (木) 第108回:前田圭介 × 荻野寿也
2013年12月2日 (月) 第107回:香山壽夫氏(東京大学名誉教授,放送大学客員教授,聖学院大学教授)
2013年8月9日 (金) 第106回:山梨知彦氏(日建設計執行役員) 大谷弘明氏(日建設計執行役員)
2013年2月1日 (金) 第105回:本多友常氏(和歌山大学教授) 広岡敏行氏 岩田章吾氏
2012年7月21日 (土) 第104回:重村力氏(神奈川大学工学部建築科教授/神戸大学名誉教授)、内田文雄氏、吉村雅夫氏、西山英夫氏、久保勇人氏、西田潔史氏、長尾健氏
2012年3月9日 (金) 第103回:北村陸夫氏、赤代武志氏、楠原一明氏、中平勝氏、吉井歳晴氏
2011年12月13日 (火) 第102回:吉村篤一氏(大阪工業大学客員教授/京都女子大学 武庫川女子大学非常勤講師)、吉井歳晴氏、吉本剛氏
2011年7月15日 (金) 第101回:矢田朝士氏(ATELIER-ASH代表)、木村吉成氏、松本尚子氏、阿曽芙実氏
2011年3月19日 (土) 第100回:竹原義二氏(大阪市立大学教授)、矢田朝士氏、小山隆治氏
2010年10月16日 (土) 第099回:藤森照信氏(東京大学名誉教授/工学院大学教授)