アーキテクツサロン


第102回吉村篤一氏(大阪工業大学客員教授/京都女子大学 武庫川女子大学非常勤講師)、吉井歳晴氏、吉本剛氏

タイトル 第1部:透かすこと - 癒着しないこと -
第2部:トークセッション/吉村篤一氏、吉井歳晴氏、吉本剛氏
日時 2011年12月13日(火)18:00〜20:30
会場 こうべまちづくり会館ホール(2階) 兵庫県神戸市中央区元町通4-2-14 TEL.078-361-4523
 第102回アーキテクツサロンは、建築環境研究所主宰の吉村篤一氏をお招きして「透かすことー癒着しないことー」という興味深いテーマについての講演でした。
 1部の前半は吉村氏が世界中を旅して、これまでに影響を受けた空間、建築、風景、ディテールなどの写真を一点ずつ丁寧に真っ直ぐな感動を伝えて頂きました。後半は自身の作品を題材に年代を追いながら、その時々に考えたことや諸条件の解決を詳しく説明頂き、吉村氏が大切にしているスケールや素材、和のエッセンスを垣間見られるお話で、誌面では見えない部分や環境が発見できた貴重な講演でした。また、テーマの「—癒着しないことー」は、坂倉建築研究所時代の西澤文隆氏がよく口にしていた言葉らしく、会場を埋め尽くした参加者達は、言葉の真意に興味津々で吉村氏の言葉の一文一句を聞き逃さず熱心に聞かれていました。
 第2部は建築環境研究所OBの吉井歳晴氏と吉本剛氏に登場頂き、師匠の吉村氏を交えてのトークセッションを弟子お二人のコーディネートで進行して頂きました。
 吉井氏が用意した吉村事務所スタッフ年表の説明を伺い、OBも現役のスタッフも大変な人数で強いネットワークが吉村事務所の魅力を一層引き立てており、先輩と後輩の繋がりや絆が吉村氏を通して全て繋がっている素晴らしい脈絡を感じました。
 吉村事務所時代に担当したプロジェクトの思い出話しや所長との秘話を吉井氏と吉本氏がそれぞれ公表し、コンペでのエピソードや提出までのプロセスを所長へ再確認しながら公表していただいた。時効で解禁になったお話や、OB数名から聞き取り調査した吉村作品No1の発表など講演時間を過ぎても終演しそうになく、脈々と話の尽きないトークセッションに参加者大満足の講演会となりました。
 吉村氏の温かい眼差しや建築に取組む姿勢、それを肌と心で感じながら過ごす修業時代が吉村事務所の最大の魅力であり、OBとなったその後も脈々と家族のように繋がっていることを少し羨ましく思いました。

102回アーキテクトサロン「第1部:透かすこと - 癒着しないこと -<br />第2部:トークセッション/吉村篤一氏、吉井歳晴氏、吉本剛氏」

当日の様子-PHOTO GALLERY-



アーキテクツサロン:バックナンバー
2017年10月20日 (金) 第112回:城本 章広 × 谷岡 拓
2016年8月5日 (金) 第111回:木村 博昭×陶器 浩一
2016年01月22日 (金) 第110回:木下昌大x西澤明洋
2015年11月3日 (火・祝) 第109回:石山友美× 芦澤竜一× 平田晃久× 倉方俊輔
2014年11月6日 (木) 第108回:前田圭介 × 荻野寿也
2013年12月2日 (月) 第107回:香山壽夫氏(東京大学名誉教授,放送大学客員教授,聖学院大学教授)
2013年8月9日 (金) 第106回:山梨知彦氏(日建設計執行役員) 大谷弘明氏(日建設計執行役員)
2013年2月1日 (金) 第105回:本多友常氏(和歌山大学教授) 広岡敏行氏 岩田章吾氏
2012年7月21日 (土) 第104回:重村力氏(神奈川大学工学部建築科教授/神戸大学名誉教授)、内田文雄氏、吉村雅夫氏、西山英夫氏、久保勇人氏、西田潔史氏、長尾健氏
2012年3月9日 (金) 第103回:北村陸夫氏、赤代武志氏、楠原一明氏、中平勝氏、吉井歳晴氏
2011年12月13日 (火) 第102回:吉村篤一氏(大阪工業大学客員教授/京都女子大学 武庫川女子大学非常勤講師)、吉井歳晴氏、吉本剛氏
2011年7月15日 (金) 第101回:矢田朝士氏(ATELIER-ASH代表)、木村吉成氏、松本尚子氏、阿曽芙実氏
2011年3月19日 (土) 第100回:竹原義二氏(大阪市立大学教授)、矢田朝士氏、小山隆治氏
2010年10月16日 (土) 第099回:藤森照信氏(東京大学名誉教授/工学院大学教授)