第8回與謝野 久

タイトル 第8回アーキテクツカフェ ~創るというこころのいとなみ~
日時 2020年01月23日(木)18:00~20:00
会場 JIA兵庫地域会事務局
講師の與謝野久氏は、設計実績を基に研究したひらめきのメカニズムを紹介されました。歴史に対する鎮魂の象徴として設計されたひろしま美術館は、人々の心をいやす事を言葉としてクライアントと共有することから設計が始まったそうです。古典的表現が印象的なシューボックス型のいずみホールは、クライアント、建築家、音響技術者の立場の違いを超えるためにドローイングを用いたところから創造が広がったと説明されました。自然光を取り込むスケッチからスタートしたというフェニックスホールは、交差点という立地からイメージした開放的な視覚要素を聴覚空間に取り込む斬新な音楽ホールです。最先端学術研究拠点の国際高等研究所では、悩ましい時間を超えたデフォルトモードから核となるアイデアが生まれたとお話しされました。それぞれの設計を通じてどのような過程でひらめきが生じるかを脳科学的に考察し、イメージしやすいイラストを交えてご説明くださいました。技術発展とともに脳科学が進み、これまで感覚的であった創造の過程が明らかにされつつあると指摘されます。この講演会を機会に異分野の知見に触れ、思考をめぐらす事で発想豊かに活動したいと思います。(菅原英房)

8回アーキテクトカフェ「第8回アーキテクツカフェ ~創るというこころのいとなみ~」

当日の様子-PHOTO GALLERY-



アーキテクツカフェ:バックナンバー
2020年01月23日 (木) 第8回:與謝野 久
2019年09月26日 (木) 第7回:長尾健
2019年06月25日 (火) 第6回:吉田文男
2019年03月19日 (火) 第5回:稲地一晃
2018年11月22日 (木) 第4回:橋本修英
2018年07月26日 (木) 第3回:瀬戸本淳
2018年02月22日 (木) 第2回:古田義弘
2017年10月06日 (金) 第1回:大江一夫・大江泰輔