アーキテクツサロン -JIA兵庫のイベント情報-

すまいまちづくり育成塾プログラム概要-PROGRAM INFORMATION-

すまいまちづくり育成塾は、
2010年度から始まったJIA兵庫地域会主催の建築出前授業です。
授業の対象は小学生高学年及び中学生を想定しています。

育成塾の狙いは、
段ボール素材の模型づくりのワークショップを通じて、人と人が建築空間を介してつながり、コミュニティを形成し社会ともつながって、さらには街に発展していくというプロセスを疑似体験しながら、建築と空間というものが持つ可能性を発見してもらうことにあります。

現在の授業プログラムは、
2010年度にJIA兵庫地域会すまいまちづくり育成塾実行委員会のメンバー有志で半年かけて議論を重ね小学5年生向けにオリジナルに作成したものです。T-CUBEと名付けた段ボールの立方体を一つの建築「すまい」に見立てることで、まず空間という概念を子どもたちに発見してもらいます。自分の意志で決定した用途や設けた開口部によって内部空間と外部空間の変化に気付き、二人一組で積極的で機能的なつながりを生み出してもらいます。次に六人一組で周辺環境や他者とのつながりを構築していくことで「まち(ここでは村)」が出来上がっていくプロセスを擬似体験してもらいます。さまざまな葛藤や調整を話し合いと手作業の両方で考えてもらうことで、つながりにも制約があり得ることに気付いてもらい、延いてはこのCUBEの組合せによって生まれる「公共」という概念にたどりついてもらいたいと思っています。同時に改めて「個」の存在や役割の大切さを再認識してもらうこともこの授業の目標です。

記念すべき第1回目の授業は、
2011年2月に関西学院初等部にて5年生の3クラス90名の皆さんに開催させていただきました。
今後は神戸市内を皮切りに兵庫県内の各小学校、中学校で広く地道に授業を行っていきたいと思っています。
授業プログラムも順次改訂改良を重ねて、建築空間を生み出す楽しさや、
建築と社会を考えることで子供たちの公共心を養うきっかけづくりにしていきたいと思います。

私たちの出前授業を受けてみたいと思われる学校教育関係者や保護者の方がおられましたら、
是非お気軽にJIA兵庫地域会事務局までお問い合せ下さい。
小学校の総合授業や中学校の家庭科技術、あるいは社会科学の授業の一環として取り組みさせていただきます。
なおこの出前授業は、私たちJIA兵庫地域会の社会に対する公益活動として取り組んでいます。


「第7回 T-CUBEによるボクたちとワタシたちの村」

対象 私立灘中学校 中学2年生3年生同時開催授業
中学2年生7名 中学3年生8名クラス 合計15名
科目 前期土曜講座(特別授業)
開催日時 2014年6月7日(土)90分(プレ授業)
2014年6月21日(土)90分(本授業)          
        45分授業2コマ 合計90分
構成 中学2年生 3年生 同時開催
ワークショップは、生徒5名の3グループに分け、それぞれに1名の建築家が担当

本編授業
プレ授業
プレ授業
スライドを使って、町や建物を見る授業を行いました。1.8m立方のテントを作り、実際に空間を体験してもらいました。2年生と3年生、合同で行いました。

本授業
2年生と3年生、合同で行いました。

本授業

本授業


発表
それぞれ、グループの代表が作品について発表しました。

発表

発表


感想
2年生と3年生の混成チームであったので3年生が比較的主導権を持ち、CUBEのつながりを考える時は、CUBEの重なり具合とか3年生を中心に熱心に検討を加えていました。また方位も自分たちで設定し、日当たりも考慮してCUBEを配置していました。建築の授業を自分から選択した生徒であったということもあり、積極的に検討を加えたりしていたのには感心しました。



2014.6.21
担当クラス 氏名 主宰事務所 授業担当 所属
統括 八木康行 ステュディオエイトアーキテクト 2・3年合同 JIA(兵庫地域会会長)
2・3年合同 長尾健 長尾健建築研究所 JIA(兵庫地域会運営委員)
長谷川総一 長谷川総一設計事務所 JIA


バックナンバー